【店主の話 第9回】2020.4.17
こちら、全然更新していませんでした。

こんなコロナ状態の中でこんにちは。
こんなところまで足を運んでくださり(足というか…眼?)ありがとうございます。
お陰様で当店、4月6日で無事に一年を迎えました!
これもひとえにお客様の優しさによるものです。
本当にありがとうございます!!

4月6日に営業して、翌日4月7日から休む、というまさかの展開で、どんな一周年じゃい!って感じなんですが、これがある意味で珍しい記憶として残るように、今は我慢する時なのでしょう。めっちゃくちゃぐーたらしてます。
もう、信じられないくらいぐーたらしてます。
ぐーたらするのにも体力が必要なことを痛感しております。

そんな中、久しぶりにピアノを弾く時間を持てていて、毎日弾いてるわけではないのだけれど、店に片付けとか用事で行った時に好き勝手弾いて帰る、ということをしておりまして、これが楽しい。


少し懐かしい気分です。


店を持つ前の、音楽活動をメインにして生きていた頃を思い出します。本当に好きな時に弾いて、弾きたくない時は弾かないで、曲をガンガン作ってライブをガンガンやって…


居酒屋でバイトしながらですけどね。

それだけで生きていけるわけがなかったもので。

わかってくるんですよね。

このままただただ音楽活動を続けていても、これは意味はあるけど生活は成り立たないって。

あぁ、自分の場合、音楽は好きな時に好きなだけやる方が向いているんだなって気付くんです。

気付いちゃったんです。

割と早いうちに気付いちゃった。

それは、自分の中ではややスッキリしたところもあったのです。


その直後に、なんかバーで飲んでたら音楽活動してる人とそのマネージャーみたいな人がいて、何故か一緒に飲むことになって、自分はこういうスタンスなんで、みたいなこと話したら「うわー、格好悪いねー」って言われたんですよ。


え?え?

何が?

何が格好悪いの?


かなり驚きました。

格好悪いという意味で言えば、初対面の人の生き方を格好悪いとかいきなり言えてしまうあなたの方がよっぽど格好悪いなと思いました(もちろん思っただけで言ってないけど)


まぁ、同時に悩んでいた時期ではありましたから。

じゃあ音楽じゃなくて、でもこのままバイト生活するわけにもいかないしなぁ、って。

周りは結婚したり役職上がったりしてるよなぁ、って。


日本酒の仕入れの仕事を与えてもらったのはその数ヶ月後のことでした。日本酒を勉強する環境には20歳の頃からいたもので…そこから新しい居酒屋へ移り、バイトという立場なのに仕入れという仕事を頂けた。これが相当嬉しかったのですよね。

最初の仕入れは店長についてきてもらって、その次からは自分でしなさいと。新しい酒屋さんも探しに行っていいからと。気になった日本酒会があればどんどん参加しなさいと。…まぁ、その際に給料が出るわけないのですけど、すんごい楽しかったんですよね。夢中で色んな酒屋さんに行って。


あー、これをバイトのまま終わらせていいのかー、ダメだー、そんなのつまらん!

店、持つしかないな!

音楽も日本酒も楽しめる店、作るしかないでしょ!


みたいな。

いやー、懐かしい話です。27くらいの頃?

因みに今、33です。


一年前、店オープンの頃の写真をどうぞ(^^)

2年目にして、休業(笑)

また無事に再開出来た時は、2年目のオープンという気持ちで楽しく再会しましょう!


あ、そうだ!


こんな時期ですから、毎週土曜日19時より、風凛歌より動画配信をしております!


「オンラインでも酔いどれ月夜に逃避行」

https://twitcasting.tv/bokeyamountain


無料で見れるので、良かったら一緒に乾杯しましょう!


それでは、お元気で(^^)


【店主について】

青山祐己。鷺沼生まれ鷺沼育ち。

風凛歌の店主兼下っ端です。一人です。

まだまだ新参者です。

時々ピアノの弾き語りをやっています。

ライブ音源等のCDも販売しておりますので、気になる方はお声掛けください♪

 

TwitterやInstagramは

青山祐己と風凛歌の二つアカウントがあります。

特にTwitterは馬鹿みたいに呟いていますので、よろしければ繋がってやってください!


Twitter

青山祐己→@bokeyamountain

風凛歌 →@furinka0406